料理
菓子
引出物
仏壇
位牌・仏具
墓石
トップページ > 位牌・仏具
位牌・仏具
カテゴリーからお選びください。
位牌
仏具
お位牌は故人、御先祖様そのものです。
子孫が先祖を追善する対象物として御本尊同様に大切にされます。お位牌にはお一人づつおまつりする板位牌と多くの方をまとめておまつりする繰出位牌があります。真宗では原則としてお位牌は用いず、掛け軸(法名軸)や過去帳を用います。
白木位牌はいつまで置くのか?
白木位牌は葬儀の時に使用される野位牌のため忌明け(49日または35日)後には黒塗りの本位牌に作り替える事が多いようです。

お位牌の種類
板位牌

黒塗り板位牌

漆や金箔、金粉なので仕上げられた位牌

紫檀製板位牌

紫檀や黒檀で作られた位牌、唐木仏壇に合う様になっています。
繰出位牌

黒塗り繰出位牌

紫檀製繰出位牌
多くの方をおまつりする位牌。札が何枚(5〜7枚)か入っており、命日ごとに札を繰り出しておまつりします。
ページの先頭へ
過去帳・見台

過去帳

見台
亡くなった方や御先祖様の戒名、法名、俗名、没年月日などを記録しておくものです。
見台は過去帳を安置する為に使用します。
資料請求はこちら
ページの先頭へ
仏具
ご本尊や御先祖様、亡き人にお花、線香、灯明、ご飯、お茶などを供える為の道具。
仏具の中でも「花立(お花)・香炉(線香)・火立(ローソク)を三具足と言い最低限必要な仏具になります。法事の前に古い仏具を新しい仏具に替える方も多いようです。
代表的な仏具

仏飯器(ぶっぱんき)

ご飯をあげます。

吊り燈籠(つりとうろう)

仏壇の中の照明灯

火立(ひたて)

ローソクを立てます。

花立(はなたて)

花をいけます。

香炉(こうろ)

線香をたきます。

(りん)

読経の時に使います。

打敷(うちしき)

仏壇の内部に敷きます。

高月(たかつき)

お供え物を乗せます。

木魚(もくぎょ)

読経の時に使います。

御料具膳(おりょうぐぜん)

精進料理をお供えします。

経机(きょうつくえ)

お経の本を開く為の机です。
資料請求はこちら
ページの先頭へ